薄毛や抜け毛が気になると育毛剤を利用することもあります。

 

生薬の育毛剤WAKAは甘草の根、センブリ抽出液、ローズマリーエキスなど8種類の生薬が配合されており、この育毛剤には水を一切加えていないため100%生薬の効果が期待できるという特徴があります。

 

育毛剤WAKAは薄毛の原因である頭皮環境の悪化、頭皮の血行不良、毛根への栄養補給などを改善することが期待できます。

 

 

薄毛にもいくつか種類があり薄毛の原因なども様々です。後頭部やつむじ周辺とはことなり、前頭部や生え際が薄くなると人からも気づかれたり目立つため自分でも気になる薄毛です。

 

男性の薄毛の原因の大半を占めるAGAでは、頭頂部から薄くなる場合と前頭部から薄くなる場合があります。

 

前頭部や生え際の薄毛の原因は男性ホルモン、毛細血管、生活習慣が考えられます。前頭部の薄毛はAGAのひとつで、原因は男性ホルモンの分泌によるものです。

 

男性ホルモンの一種DHTは通常の男性ホルモンの10倍も強力では頭頂部よりも前頭部がより強く分泌されていてDHTによる皮脂の分泌で前頭部から薄毛を引き起こす原因となります。

 

前頭部には毛細血管が他の部位よりも数が少なく、量も少なくなっています。

 

体は血管を通して栄養や酸素を送り込んでいるため、毛細血管が少ない場合は髪の毛に届く栄養や酸素が少なくなり、皮膚が硬く血行も悪くなります。その結果が前頭部の抜け毛や薄毛となるのです。

 

前頭部の薄毛の要因に生活習慣があります。暴飲暴食、偏った食事、寝不足、運動不足など不規則な生活により男性ホルモンが過剰に分泌されるのです。

 

忙しい毎日を送っているとストレスも抱えている状態で、ストレスは自律神経を乱す要因にもなります。自律神経の乱れは体を緊張状態にして、血行不良を招いて、体だけではなく毛根に血液を送り栄養や酸素を十分に届けることができなくなるのです。

 

前頭部の薄毛の原因は男性ホルモンと血行不良なのです。

 

 

前頭部や生え際が薄毛になりやすい場合は、遺伝的な要素がある、不規則な生活をしている、喫煙、ストレスをためてしまうなどが考えられます。

 

不規則な生活は普段から脂っこい食事や野菜不足、インスタント食品、コンビニ弁当などの偏って食生活をしていたり、夜更かしなど不規則な生活が要因です。

 

喫煙は血管を収縮されて血行不良になります。頭皮に十分な栄養や酸素を届けることができないのです。またストレスは自律神経を乱し、血行不良の原因となり毛の発育に必要な栄養や酸素が不足して健康は頭皮環境を作ることができません。

 

前頭部の薄毛を改善するためには、規則正しい生活習慣、頭皮の血行促進、発毛剤などを使う、クリニックを受診するなどがあります。

 

頭皮の血行促進は入浴中のシャンプー時に指の腹を使って頭皮マッサージや入浴後のブラシを使った頭皮マッサージなどが有効です。また育毛剤も生え際の薄毛に有効な方法です。育毛剤を使う場合は効果があらわれるには半年以上はかかることが多いため根気よく続けることが大切です。

 

 

育毛剤WAKAは生薬エキスを配合する際に水を使っていないという特徴があり、一般的な育毛剤は水で薄めていることが多く薄めたものはコスト削減が目的と考えられますが、この育毛剤は水で薄めていないため有効成分が濃いまま届くため、薄毛を改善する効果が期待できるのです。

 

生え際の薄毛に効果が期待できる成分として使用されているのは天然素材で、添加物も使用していないため安心して使うことができます。添加物を使っているとそれが老廃物として溜まってしまったり、アレルギーを起こしてしまうなどのデメリットがあります。

 

強い刺激もなく着色料も使用していないため安心な育毛剤なのです。アルコールも使っていないため、今まで育毛剤を試してみてフケがでてしまったり頭皮が荒れてしまったという場合にも安心して使うことができます。

 

こんなにいいことづくめだったWAKAなのですが、2017年2月現在もう販売されていません。内容的にはいい育毛剤だったのに残念です。

 

販売会社に何か問題があったのかもしれませんが、内容から考えると再販して欲しいような気がします・・・

 

そこで同じような生薬から出来ていて、添加物の入っていない商品はないかと探していると、見つかりました!

 

7種の自然由来の毛活成分を配合し、パラベン、鉱物油、合成着色料、香料を含まない医薬部外品。