年齢に関係なく、薄毛に悩んでいる方は年々増えています。

 

今は何ともなくても、自分自身も知らないうちに薄毛になる習慣を作っているのです。その習慣を積み重ねないよう、今から自分の頭皮の状態を常にチェックして予防する癖をつけましょう。

 

その中でも特にAGAと呼ばれるものについて詳しく見ていくので、これを参考にしながら頭皮チェックを行ってください。そもそもAGAとは何かという事で躓く方が多いですが、よく成人男性に見られるという症状で、男性型脱毛症という名前で通っています。

 

薄くなり方は額の生え際からという方や頭頂部からという方という方まで人によって様々ですが、どれも思春期以降に始まります。薄毛は年配の方というイメージが拭えませんが、若い方も悩んでいるというのが実は多いのです。

 

 

一般的に男子ホルモンや遺伝などが考えられていますが、他にもストレスなどが挙げられており、一つの原因ではないので特定は難しいです。しかし、特徴として太く・強く育たないうちに抜けてしまうという特徴を持っているため、そこをヒントにケアをしていく事が大切になります。

 

まずは頭皮の状態チェックですが、抜け毛が依然と比べて抜ける量が多くなっているという方や若いのに太い毛があまりないという方はAGAの可能性が高いのでクリニックで一度診てもらった方が良いです。また、ハリ・コシなどのボリューム感を感じなくなったという方も要注意です。

 

脂漏性頭皮湿疹や乾性頭皮の状態になりやすいと言われているので心当たりのある方は今すぐ対策を立てましょう。

 

AGAは進行していくので、前と比べて寝癖も付かなくなるほどの状態は髪の毛の危険信号と捉えても良いでしょう。頭皮のチェックが終わったら、改善のための対策を立てましょう。

 

クリニックで細かい事まで指導してくれるという所もありますが、自分で気をつけて生活をするに越した事はありません。

 

 

まずは喫煙・飲酒を頻繁に行っている方は止めましょう。飲酒によって過度な熱を持つ事はAGAの進行を早めてしまう事が分かっており、皮脂分泌も促すので悪影響でしかありません。

 

喫煙も血管を収縮させて髪の毛まで栄養が行き届かないようになって髪の毛が細くなるという事も分かっています。

 

また、食事の面でも肉や脂肪類を中心に食事を取っている方は脂漏性湿疹が出やすいため、薄毛が目立ちやすくなります。

 

この症状は生活環境にも影響されるので部屋が汚い・散らかっているなどウイルスや細菌、ほこりが舞いやすい環境にしておかないように常日頃から綺麗に整えておくようにしましょう。

 

食事や環境によって油分と混じった汚れが毛穴に詰まり、脱毛を促してしまう恐れがあるので注意してください。髪がべっとりとしている事に気づいた方はまずは食生活や環境が原因の可能性が高いです。

 

 

先ほど、熱量が多いと進行を進めてしまうと挙げましたが、現代人は熱量の多い食べ物を摂取する機会が多く、その上にストレスや喫煙などが溜まりに溜まって進行をより早めている可能性があります。

 

クリニックで管理してもらうのが一番ですが、自分で管理を行う場合はむやみに取り組むのではなく、とりあえず原因を一つ一つ思い返しながら対策を練るという事が重要です。

 

若い方は特に薄毛になるはずもないと思い込みがちで不規則な生活を送ってしまいますが、それこそがAGAの原因となっています。その事に早めに気づき、対処を行う事が治療や改善の第一歩となるのです。

 

治療はできるだけ早い方が良いので、もしもチェックして心当たりがあるという方は放置せずにクリニックへ相談したり、原因を見直してみるという事を始めてみましょう。治療法も色々な方法があるので自分に合った方法を選択しましょう。