毎日、髪の毛を洗っており、清潔にしているのに髪の毛のボリュームが減ってきておかしいと思っている人もいるでしょう。特に、間違ったことをしているわけでもないのに、どうして薄毛になるのだろうと思っていませんか。

 

正しいことをしていると思っていても、よく調べてみると間違ったことをしていることがあるかもしれません。ヘアケアも間違ってしまえば、頭皮環境を悪化させてしまいますので、正しい方法を行わなくてはなりません。

 

 

もしかしたら、シャンプーとリンスが原因になっているかもしれません。髪の毛を洗うために必要なものなのにと思われるかもしれませんが、自分に合っていない可能性があります。

 

たくさん種類がありますが、その中から自分に合っているものを選ばないと、かえって頭皮環境が悪くなることもあります。

 

よく自分の髪の毛を見てください。ハリやコシがなくなっていませんか。それは、頭皮環境が悪化していることを意味しているでしょう。

 

 

今では、ノンシリコンというシリコンが入っていないシャンプーやリンスがたくさんあります。

 

シリコンは髪の毛をコーティングしてくれるので、すぐにつやが出たり、サラサラな髪の毛にしてくれるのですが、シリコンが頭皮の毛穴を詰まらせる原因となることもあります。だから、シリコンが入っていないほうが良いでしょう。

 

シリコンが入っていないほうが、髪の毛をコーティングしないので、シャンプーやリンスに入っている有効成分が髪の毛に浸透しやすいです。髪の毛に必要な栄養が浸透すれば、髪の毛が元気になってくれるでしょう。

 

 

使うものを変えることも重要ですが、使い方を変える必要もあるでしょう。

 

普段、どのように洗髪していますか。頭皮の汚れを落としたくてごしごしこすっていないでしょうか。爪を立てている人もいるかもしれません。

 

これらは、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので避けてください。

 

そうではなく、しっかりと髪の毛を洗う前にブラッシングして大きな汚れを落としたり、お湯で軽く髪の毛や頭皮を洗っておきましょう。それから洗髪です。

 

 

頭皮を中心に洗うようにしてください。指の腹を使って頭皮の全体を丁寧に洗います。爪を立てないように気を付けてください。

 

しっかりと頭皮全体を洗い終えたら、丁寧にすすいでください。泡が残らないようにしっかりとすすぎます。泡が残ってしまうと汚れが残ってしまいます。

 

頭皮の毛穴に汚れが詰まれば薄毛の原因になりますので、泡が完全になくなったことを確認してください。

 

 

それからリンスを使うのですが、毛先に使うようにしましょう。毛穴の付近に付けてしまうと、毛穴に詰まってしまうでしょう。そうすると、頭皮環境が悪化してしまいますので、薄毛の原因になってしまいます。

 

根元に付けなくても特に支障もないですから、パサつきやすい毛先などだけに使ってください。

 

 

毎日のことですから、以上のことを常に頭に入れて洗髪してください。これらを意識するとしないとでは大違いです。

 

これまで、ずっと抜け毛が多かったり、薄毛で悩んでいた人も、シャンプーを変えたりしただけで、かなり改善されたということもあります。どうやって髪の毛を洗うのかはとても重要なことなのです。