男性が薄毛になった場合、その多くはAGAによる症状であるといわれています。

 

その症状にはいくつか特徴がありますが、一気に髪の毛が薄くなるわけではなく、徐々に薄くなっていくという特徴があります。
なぜ、徐々に髪の毛が薄くなっていくのかというと、AGAの場合、通常のヘアサイクルとは違う動きをするからであると考えられます。

 

通常のヘアサイクルの場合、まず、髪の毛が産毛の状態で生え変わり、少しずつ成長していき、太くて強い髪の毛になった段階で抜け落ちて、
また新しい髪の毛に生え変わります。

 

このヘアサイクルをずっと繰り返していくことになるわけですが、AGAの場合は、まず、産毛の状態で生えてきた髪の毛が、しっかりと太くて強い髪の毛に成長する前の段階で抜け落ちてしまうといった状態になります。
ですから、AGAの場合は、通常のヘアサイクルよりも早い段階で髪の毛は抜けてしまうことになります。

 

さらに症状が進行するとこのサイクルはさらに早くなり、産毛の状態で髪の毛の成長がストップしてしまいます。
このような状態になると、髪の毛が薄い状態になって、頭皮が見えるようになります。

 

薄くなった髪の毛の範囲は、放っておけばますます広範囲に広がっていきます。
このようなヘアサイクルになってしまうと、男性ホルモンの一つの働きが髪の毛の成長を止めてしまうということが原因と考えられます。

 

ですから、治療法としては、髪の毛の成長を妨げている男性ホルモンの一つを抑制する薬を飲むという治療を行うことによって、薄毛の改善が期待できます。
薬を服用すると、髪の毛のサイクルが正常化し、髪の毛が成長する前に抜け落ちることなく、最後まで成長するようになります。

 

ただし、かなり症状が進行していて毛母細胞が死んでしまっているような場合は、いくら薬を服用したからといって、大きな改善が出るかどうかはわかりません。

 

また、薄毛の範囲は、後頭部や側頭部の髪の毛には及ばないことがほとんどで、髪の毛のサイクルの影響を受けるのは、頭頂部か前頭部の髪の毛ということになります。
こうした髪の毛のサイクルは、単に男性ホルモンの影響だけではなく、生活習慣によっても乱れることがあります。

 

例えば、睡眠や食事などによっても乱れることは考えられますから、薬の服用だけではなく、しっかりと睡眠をとり、髪の毛に必要になってくる栄養をバランスよく摂るという言ことが大事になってきます。