AGAは必ず遺伝と関係しているといえるのでしょうか。

 

仮にそうである場合、自分が薄毛になってしまうのかどうかは、どのようにすれば知ることができるのでしょうか。
また、それに対する対策はあるのでしょうか。

 

まず、薄毛には遺伝が大きく関係していることがわかっています。
もちろんすべての薄毛がそうであるというわけではないのですが、薄毛の理由としてはかなり大きなものであるといえるでしょう。

 

そして、自分が薄毛になるかどうかは母親、あるいは母方の家系に深く関係するといわれています。つまり、母親、あるいは母方の家系の男性が薄毛である場合は、自分もそういった傾向を持っている可能性があるということなのです。

 

とはいうものの、女性が薄毛になる確率というのは男性に比べればずっと低いといえます。

 

なぜなら、薄毛は男性ホルモンが分泌される際に起こるものですが、その男性ホルモンを抑制する効果のある女性ホルモンを女性は多く分泌するからです。
したがって、見た目だけではそういった遺伝子を持っているかどうかはわかりません。

 

 

そこで遺伝子検査キットによって、自分がAGAになる因子を受け継いでいるのかどうかを確認するというのが一番確実な方法になります。
しかしながら、現状ではこの検査キットも万能ではなく、そういった因子を受け継いでいないとしても薄毛になることはあります。

 

薄毛のメカニズムは日進月歩で解明が進んでいますが、未だ判明していないことも多いのです。
そのため、こういった検査の結果が良かったからといって安心することはできないのです。

 

そして、もし遺伝的には問題がないとしても、AGAになる可能性はあります。
そういった場合は生活習慣との関連が深いといえるでしょう。

 

ストレスが多かったり食生活が荒んでいると、薄毛になる確率は上がるのです。そして、AGAは男性ホルモンが分泌されることで進行するとされています。
逆にいえば、発毛治療はそういった男性ホルモンを抑制するものでもあるのです。

 

ですからノコギリヤシなどの配合された各種サプリメントを使うことで、男性ホルモンを効果的に抑制することができ、薄毛の進行を止めることができるわけです。
ただし、薄毛の進行を止めることができるだけであって、男性ホルモンを抑制したからといってすぐ髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

ですから、まず薄毛の進行を止め、次に育毛剤などを使用することで頭皮の血流を良くして、はじめて育毛ができるようになるということなのです。