男性特有の薄毛や抜け毛の問題がAGAと呼ぶことを多くの人が知っていますが、その改善方法や予防法についてはあまり知られていません。
それどころか、遺伝による抗えない問題として諦めてしまう人も多くいます。

 

また、なんとか薄毛や抜け毛を治療しようとするものの、闇雲に育毛剤を使い、思うような効果が上がらず、結果として育毛を諦めてしまう人もいます。
しかし、薄毛や抜け毛の原因は意外なところにあり、それを改善するだけで防ぐこともできます。

 

その原因というのが食生活です。
食生活が何故、薄毛や抜け毛の原因になるのかと言うと、偏った食事、特に脂っこい食事を続けると、育毛に必要な栄養素が不足するだけでなく、余分な脂により毛穴が詰まってしまうからです。

 

毛穴が詰まってしまえば、その部分からは髪の毛は生えることができなくなってしまいます。
それゆえ、偏った食事を避け、育毛に役立つ栄養素を摂る必要があります。

 

育毛に必要な栄養素としては、第一にタンパク質が挙げられます。

 

というのも、髪の毛自体がタンパク質でできているため、その原料がなければとても髪の毛を育てることができません。
タンパク質を摂る上で望ましいのは納豆や豆腐等の大豆製品であり、これらは肉と比べると、油分も少なく、良質なものを摂ることができます。

 

この他、育毛という点で欠かせない栄養素としては亜鉛があります。

 

亜鉛もまた育毛に必要な原料となりますが、亜鉛を多く含む食材としては牡蠣やピーナッツ、海藻類等があります。海藻を食べると髪の毛が増えると言いますが、それはこの亜鉛による効能が由来しているのかもしれません。

 

また、ビタミン類も必要で、野菜を摂ることで育毛に必要ないくつかのビタミンを摂取することもできます。

 

以上のような栄養素を考慮に入れ、食生活を改善することで、育毛効果も期待できますが、それと併せて生活習慣そのものを整えることで、より確実な予防や育毛につなげることもできます。

 

特に、昼夜逆転した生活を送っていたり、夜更かしを繰り返すと、自律神経が乱れ、薄毛や抜け毛が進行するだけでなく、最も育毛する時間に髪の毛が伸びなくなってしまいます。
それゆえ、日の出る時間に起床し、夜は早めに就寝することで、薄毛、抜け毛を予防し、育毛効果を高めることもできます。

 

薄毛や抜け毛の予防や、育毛について、実際にはそれ程難しく考える必要はなく、単に健康的な生活を送ることを心掛けるだけで十分な効果を得ることもできます。