AGAには男性ホルモンが深く関わっているとされています。

 

その傾向がある人は、男性ホルモンが過剰に分泌されることによって薄毛になってしまうということなのです。
反対に、その傾向がない人は男性ホルモンをいくら分泌しても薄毛にはならないことがわかっています。

 

一昔前までは男性ホルモンは薄毛にとって絶対の悪とされていましたが、現在の研究をみれば必ずしもそうではないということがいえるのです。
しかしながら、AGAの傾向がある人は男性ホルモンの分泌が脱毛を促すわけですからその予防をしなければなりません。では、どのように予防をすればよいのでしょうか。

 

 

AGAを予防するためには、他にも薄毛になる要因を知らなければなりません。
それは生活習慣に関わることです。

 

具体的にいえば睡眠不足や食生活の乱れは薄毛を進行させることに繋がるといわれています。
そこで予防としてとられる措置が適度な運動です。

 

なぜ、適度な運動が薄毛を防ぐ助けをするのでしょうか。
それは、身体を動かすことによる疲れが、眠りを助けてくれるからです。
あるいは、多少食事を摂り過ぎていても、身体を動かすことでその分のカロリーを消費することができるからです。

 

そもそも睡眠不足や食生活の乱れがなぜ薄毛を進行させるかといえば、それらのことが全てストレスを生み出すきっかけになるからです。
男性ホルモンと並んでストレスは薄毛の敵なのだといえます。

 

それでは、将来的にはフルマラソンに挑戦したり、サッカーのチームに入って激しく身体を動かすことが薄毛にはよいということなのでしょうか。
実はそうではないのです。

 

運動は、同時に男性ホルモンの分泌を促すからです。
そうなるとAGAの場合はむしろ逆効果に思えます。
ですが、実際は過剰な運動をしなければ、適度に身体を動かすことはむしろプラスになるといわれています。

 

そのため、フルマラソンや過剰な筋力トレーニングなど、身体をいじめぬくほど運動しなければよいということになります。
適度であれば、生活習慣が劇的に改善され身体のリズムが正常なものになりますので、薄毛の進行を止めることができるわけです。
さらに、育毛には血流が大きく関わっているとされています。

 

ですから適度に身体を動かすことによって、血流も促されるわけですから、より育毛が進みやすくなるのです。
ですから、AGAを予防するためには、適度に身体を動かして血流をよくするということが一番効果的だといえます。