男性にとって自らの頭髪が抜け毛や薄毛に見舞われるのは精神的にもショックが大きいものです。

 

しかし、だからと言って事態の進行を食い止める努力をしなければ、そのまま頭髪は奪われていく一方です。
まずは症状の原因が一体なんなのかを見定めた上で効果的な対策を講じていくことが何よりも重要です。

 

その中でも最近特に注目を集めているのがagaという病気です。
これは男性の精巣にて作り出された男性ホルモンが頭皮にある特殊な酵素と反応してDHTという物質を作りだし、この存在を毛乳頭が感知することで頭髪の成長に大幅な狂いが生じてしまうというもの。

 

症状を治療して改善するには美容クリニックや薄毛治療専門クリニック、さらには内科や外科や皮膚科などのクリニックを受診することが必要となります。

 

ただしその前に、クリニックを受診しようと思うかどうかは本人の意思次第です。つまり本人が重い腰を上げなければそのきっかけすらつかめないということになります。
それでは医療機関を受診する前、自分の力でagaか否かを簡単に判定する方法はあるのでしょうか。

 

あくまで自己判定なのでそれが確実かどうかはわかりませんが、大まかな目安として有効なのが、まず薄毛の進行状態のチェックです。

 

agaならば男性ホルモンの影響の出やすい額の両サイドや頭頂部から抜け毛が進んでいき、あるいは額と頭頂部の両側が同時にハゲていくパターンもあります。
一方の側頭部や後頭部などは依然として健康的な状態が残りますので、この差が歴然としていればいるほどagaの可能性は高いと言えるでしょう。

 

また、自分の親戚縁者を見回してみて薄毛の人が多いと遺伝の影響で自分もそうなりやすいとも言われます。

 

agaでは特に母方の遺伝子が強く影響すると言われており、自分の母親には女性ホルモンの影響で薄毛症状は出なくとも、その兄弟や母方の祖父などの男性らが薄毛に見舞われていると、それがかなりの確実で遺伝することになります。
症状を抑えたち発症の影響を最小限度に抑えるためにも早めの対策が必要となります。

 

これらの判定方法がある中、最近では自己判定キットも販売されており、インターネット通販などで手軽に取り寄せた上で使用し、その場でチェックすることができます。

 

実際にクリニックを受診すると保険対象外なので初診だと検査や処方も込みで2、3万円の金額になることも少なくありません。
それを判定キットは数千円程度で実施できますのでこれは大きな利便性をもったものと言えるでしょう。